ゲームコミュニティ

CGクリエイターはフリーになるべき?食べていけるのか?

 CMも手掛けるCGクリエイターが、約20年の会社勤めを辞めて独立しました。その方に直接インタビューして意見を聞いてみました。

なぜフリーになったのか?

 CGクリエイターの業界はフリーになる人が多いです。独立した理由は、概ね皆さん同じだと思います。

 1つのジャンルだけでなく様々なジャンルの作品に携わりたいということと、色々な会社の方と仕事がしたい、という思いからです。

 1つの会社でも様々な作品やジャンルを扱いますが、やはり会社によって扱うジャンルの傾向はあります。会社によって色があるので、会社を飛び出さないと、扱えないジャンルがありました。

 CGを手掛けていて、もっとジャンルの幅を広げて仕事がしたい、という方は独立する傾向があります。

いつフリーになるべきか?

 初心者や社会人経験が少ない方にはおススメできません。

 会社や組織にいればわからないことを教えてもらえます。意見をもらうことができます。まわりの方のセンスや技術を参考に自分を磨くことができます。自己満足にならず評価してもらうことは大事です。

 また、会社にいれば、会社が窓口になって仕事をもってきれくれるので、制作に専念できます。お客様との接し方や依頼の受け方、対応して作業していく工程、学ぶことはたくさんあります。

 会社にいること、お客様と接することで、社会人としてのマナーを学ぶこともできます。会社の繋がりで、業界関係のパーティや催し物に参加できることもあります。

 そして、人脈ができ信頼を築くことができます。人脈と信頼を築くことができるかが、フリーになって食べていくことができるかどうかのポイントになります。

 まずは、会社に入り技術と仕事の在り方や社会を学ぶべきだと思います。修行するべきです。フリーになるということは、個人事業主か法人かどちらにしても運営していかなくてはいけません。経理、労務、法務といった総務的な知識も勉強していかなくてはいけません。制作だけに専念できなくなる場合もあります。

 会社勤めがいいか、フリーになった方がいいか、自分はどちらが向いているかを考えるべきです。

フリーになっても仕事はあるのか

 仕事はあります。只、すべて自分で営業して仕事を受注していては生活が安定しません。

 私の場合は、いままで所属していた会社から仕事を頂いています。会社に行って打合せをすることもあります。

 今までいた会社の仕事を引き続き手伝いつつ、自分で営業して新しい仕事を受注していきます。こういうスタイルの方が業界にはい多いと思います。

 そのためにも、最初に会社に入っておくと、フリーになった時に、食べるのに困らない程度には仕事を確保できます。

 いままでいた会社と良好な関係を保ちつつフリーになることをおススメします。

まとめ

 フリーになる理由は、違うジャンルや違う会社の作品に携わりたい、仕事の幅を広げたいという思いが強いようです。

 フリーになるタイミングは、会社に入り、技術を磨き、人脈と信頼を築き、社会人としての自分を見つめて決断するべきだと思います。

 そうすることで、今までいた会社の繋がりで食べていくことはできるようです。そしてビッグチャンスを狙って自分で営業活動していく必要があります。

 どの業界でも同じですが、独立してフリーで食べていくということは、自分の技術、センス、営業力等々、自分自身を信じなくてはいけません。相当な覚悟が必要だと感じました。

最新情報をチェックしよう!
>ゲームコミュニティ「NEST」

ゲームコミュニティ「NEST」

世代を超えて大人もワクワクできるようなゲームコミュニティを目指しております。目標もってゲームを楽しんだり、キャラクターのコスプレやCGを使って動画を作成したりしております。また、ESPORTSも積極的に応援していきます。

CTR IMG